サイトの色とアクセス数

前の記事で、フラットデザインについて説明をしました。フラットデザインが今のサイトデザインのトレンドとなっていることはわかっていただけたと思います。
では、そのトレンドを取り入れたことで、自分の作るサイトに多くの人が訪れてくれるのでしょうか?

結論を言えば、トレンドを取り入れたからといってアクセス数が爆発的に増えるといったことはまず無いでしょう。アクセス数を多くするなら、ネットユーザーが求めるコンテンツ、または特徴のある独自のサイトコンセプト、さらにはSEOなどの対策があって、始めてアクセス数が伸びてくると思います。

そして、これらの対策を全て取ったとして、新規ユーザーがユニークユーザーになってくれるか?といった問題もあります。

このユニークユーザーを獲得するための方法として、サイトの色が関係してきます。
使いにくいサイト、ユーザビリティの低いサイトでは、一度訪問したユーザーが直に離脱してしまうケースが多々あります。実際に自分にも経験があるのですが、原色系の色ばかりを使ったサイト自体は彩り豊かでデザイン性のある物に写りますが、コンテンツを読むとき、目が疲れてしまったり、コンテンツの導線もどこにあるのかわかりにくいといった問題が発生してしまいます。

そこで、強調したい場所で色を変えてユーザーに見やすいサイトを心がけることで、ユニークユーザーの獲得にも繋がってくるのです。